« 久しぶり | トップページ | おかえり »

やじろう危機一髪

昨夜(7日)、突然やじろうが体調を崩しました。現在はすっかり良くなり、
あの騒ぎはなんだったの?状態(^^;) もう少しの間気をつけて観察する
必要があるかもしれませんが、ほっとしたので記録に残す事にしました。

本日かなり長文です。どうかご了承ください。

yajikita025
もうだいじょぶ。おなかいっぱいだからねる。

ワタシは帰宅すると、何を置いてもうちねず連の様子を見るようにしています。
昨夜(7日)帰宅したのは19時ちょっと前。ハムスター達は特に異常なしでしたが、
ラットのやじろうがトイレで寝ていました。
「やじ、トイレで寝るのはやめようよ~(^^;)」と声をかけたのですが、どうも様子が
おかしい。いつもなら「おやつ!?さんぽ!?」とケージに張り付くのに、なんだか
だるそうに顔をあげただけでした。試しに「おやつ食べるかい?」と袋をざかざか
させると、勢い良くケージに張り付いたのはきたろうだけ。やじろうはだるそうに
のっそり歩いてきました。やっぱりおかしい。
がっつくきたろうとは対照的に、とりあえず1個食べたやじろうは、すみっこに行って
四肢を突っ張って何かに耐えるような様子です。
そのうち、「おえ~」と吐くような仕草を数度繰り返し、とうとう先ほど食べたおやつで
あろうものを吐いてしまいました。(後で獣医さんに聞いたのですが、ハムスターは
吐く事ができませんが、ラットはできるそうです。)
慌てて抱き上げると、昨日より軽くなっている感じ。しかも、大人しく抱っこされて
います。やじろうが大人しいなんてありえない~Σ( ̄□ ̄|||)
口元は吐いた為に濡れており、全身から「気持ち悪いよぉ」という気配を感じます。
この時点で19時15分頃。診療時間はすぎていましたが、明日は休診なうえ、
これは明日まで待てないと判断して、電話で連絡をして診て頂く事にしました。
何度目かしら、時間外診療(^^;) 先生、いつもすいません。

きたろうも一緒に連れて行き(今まで離した事がなかったので)症状を申告。触診
をした結果、特に胃腸にガスが溜まっていたり、腫れていたりというのはありません
でした。一番怖い腸閉塞の可能性はこれでほぼなくなり、少し気が楽になりました。
呼吸音に異常はなく、肺炎や気管支炎の疑いもなし。
四肢をつっぱるこの体勢は苦しい時のもので(以前肺炎になった子で経験あり。)
吐き気の為と思われました。という事は、経口で投薬するのはよけいに苦しめる事
になってしまいます。脱水気味だった事もあり、輸液をする事になりました。
リンゲル液と吐き気止め、他にもお薬を混ぜたはずなんですが、覚えてないや(^^;)
動転してたんだなぁ、やっぱり。

注射は点滴のカテーテルのようなものを利用し、直接注射器の針は刺しませんでした。
こうすると多少患畜が動いてもカテーテルが緩衝して針が抜けたり液が漏れたりしない
そうです。なるほど。それから、リンゲル液ですが、用意している時点で「チン」という
レンジの音がしました(笑)そう、暖めていたんです。室温程度では違和感を感じて
掻いたりいじったりしてしまう事が多いそうで、この病院では人肌に暖めてから輸液
するそうです。なるほど~。

触診でおなかをもむもむされても、注射をされても、私の腕の中で少し「いや~ん」
ともぞもぞする程度。先生も「かなり具合が悪いんだろうね」と言う程、やじろうは
元気がありません。原因は?と言うと・・・・不明です(^^;)
やじろうときたろうは同じ環境に済み、同じものを同じくらい食べていますので、やじ
ろうだけこんな症状になる原因がわかりません。まだ生後5ヶ月という若さなので
内臓疾患とも考えにくい。(これは触診結果と併せて判断。)口の中も異常なし。
ともあれ、吐き気が収まらないと食べる事もできませんので、薬が効いてくる2~
3時間後にごはんをあげて様子を見る事になりました。薬は24時間効き目がある
そうで、明後日状況を電話する事になりました。

帰宅して改めてケージを見ると、すみっこに軟便がついていました。感染症ではない
と思いますが(ふんちが出なかったので便検査はできなかった。)念の為にケージ
を大掃除し、お湯を沸かして熱湯消毒。木製のステージ等は全て取り替えました。
ごはんの用意をすると、やじろうも食べたい気持ちはあるようで、野菜をくわえるの
ですが、やはり「おえ~」となってしまうようです。ハトエサを数粒食べたあと、2階で
ぐったりと寝そべっていました。元気なきたろうが飛び回るので1匹だけで散歩。
やじろうをゆっくり休ませる為に隔離しようか悩みました。
散歩が終わってケージに戻すと、吐いてがびがびになってしまったやじろうのあごを
せっせと毛繕いし始めました。(やじは少々迷惑そうでしたが(^^;))
丸太小屋の中で寄り添って寝始めたのを見た時、このまま一緒にしておいた方が
良さそうだと思いました。生まれた時からずっと一緒のやじきた。この日はいつもの
新聞潜りもせず、2匹でずっと寝ていました。分かるのかなぁ、相棒が調子悪い
の。さっきはお散歩したい気持ちが勝っちゃったけどね。
心配は尽きませんが、ワタシも寝ないと明日の仕事に支障が出るので3時ごろに
就寝しました。

翌朝。早めに起きてやじきたに声をかけました。2匹でのそのそ顔を出してきて、
起き抜けにお水をごくごく。昨日はお水も飲めないくらい不調だった事を思うと、
調子が良くなっているようです。昨日食べられなかった分として、野菜(小松菜
とキャベツ)を入れると、もしゃもしゃと食べ始めました\(^o^)/
薬が効いたのか、回復してきたのかは不明ですが、吐き気はもうないようです。
ヨーグルトも差し出すと、べろべろと勢い良く舐め尽くしました。よかった~、
これで少しは安心できます。暑くなりそうだったので、エアコンの設定温度を
調節して出勤しました。

で、本日(8日)帰宅すると、やじろうは何事もなかったかのように元気でした(笑)
ごはんも食べる。ヨーグルトも舐める。お散歩もする。吐き気は全くなくなった
ようです。一時はどうなる事かと思いましたが、明日は良い報告が獣医さんに
できそうです。

長文にお付き合い頂いてありがとうございました。

|

« 久しぶり | トップページ | おかえり »

コメント

>友人Yさん
ああ、ワタシも気になった、あれ!餌の固さも関連あるような
記述があるよね。やっぱりよく噛んだ方が脳が働くのだろうか?
ワタシも混ぜてほしいわ(笑)
ラットとハムとでは、同じねずみというカテゴリーでも
全く違うイキモノですよね(笑)

>Mikaさん
Yさんが紹介してくれたページによると、ラットの嘔吐は本当の
意味での嘔吐ではなく、擬似行動なのだそうで。えずくって方が合ってるかも。
ハムの感覚だと「もうダメか」と思ってしまう状態でしたが、
あまりにもあっさり回復してびっくりです(^^;)
お腹、お大事に。

投稿: こず@管理人 | 2005/09/11 02:33

>Mikaさん

>>ハムのお世話を経てきているからか
確かに、ハムスターを寿命まっとうさせられる人なら、基本的にラット飼育は問題ないと思います。
(ほかに色々違うハードルはあっても)
逆は心配だなぁ。
ラットってば、かーなーりー雑に扱えるから(爆)

投稿: 友人Y | 2005/09/10 18:48

おお,「巣材」みたいだ(意味不明)。

ラットが嘔吐できることとか色々興味。
輸液はたしかに身体冷えるから,輸液の後あたたかくしてたりとかしてたけど,最初からあたためるとは,なかなか。
病ハムは体温調整難しいから,ペットミルクとかチンして人肌であげてたの思い出しました。
原因がなんだったのかわからないのが心配だけど,季節の変わり目だから体力も少しおちてたのかな。でも,ラットはやっぱハムよりも生命力あるなぁ。
ハムだったら生命の危機的な症状だもんね。
ハムのお世話を経てきているからか,こずらさんの処置は迅速なので,返って予後が良いのかもしれませんね。

いま自分もお腹不調だから,「おえー」なんて他人事ではない感じでリアルです(^^;)。食ったら吐くな<自分。

投稿: Mika | 2005/09/10 13:09

あのページ、99%は理解できないんですが(笑)
ラットの「歯の欠如と痴呆やストレスとの関連性」つぅのは、ぜひ混ぜていただきたいくらい面白そうなテーマです。

投稿: 友人Y | 2005/09/10 08:49

>唐 辛子さん
もう、久しぶりに大騒ぎでした(^^;)
今日も元気にごはんを食べ、散歩もこなしましたよ(^-^)
翌朝になっても良くならないようなら、会社休もうかと
思っていたくらいで。でも本当に回復してくれて良かったです。
ねずみの同居は初めての経験なんですが、なんだかちゃんと
分かっているみたいでした。かいがいしく毛繕いをする姿を見た時は
感動でした。

>きっちゅさん
すごく具合が悪いのが見て分かったんですよぅ(T_T)
ハムスターならとにかく何か食べさせるのですが、今回は
それができなくて、見守るだけなのが辛かったです。
もうしばらく要観察ですが、いつも通りのやじろうに戻りました(^-^)

>友人Yさん
類似行動なんですね!あのページすごい勉強になりました、師匠(笑)
食べたばかりだったから吐瀉物があったけど、確かにその後はよだれ
だけでした。
そっか、ラットも本当の意味での嘔吐はないんですね。
今後は「何かあるかもしれない」という目できちんと観察して
いこうと思います。

>里沙さん
いやもう、びっくりしました(^^;)久しぶりに慌てましたよ。
長くねずみと一緒にいて、いくつものお別れを経験すると、
不調を隠そうとしていても「何か変だ」と感じられるように
なってきます。病院へ行くか様子を見るかの判断も、何かカンの
ようなものがあるんですよ、実は。

投稿: こず@管理人 | 2005/09/10 01:34

やじ、大変だったみたいですね(´・ω・`)
一晩で回復とのこと、大事に至らず良かったです。
ラットは嘔吐するんですねぇ、知らなかった(゚Д゚;)
病気を隠そう隠そうとするハムよりは、解りやすくて助かるかも・・・

投稿: 里沙 | 2005/09/10 01:12

ラットは、正確な意味では嘔吐はしないのですが似た行動はあります(URL参照)
現にうちでもつい先日、しーなちゃんが「えろ~~」っという顔をしてえずきながらヨダレをだしてました。
5分ぐらいでおさまりましたが。
お腹の中で何がおきたのか、心配です。
今度あったら医者に行こう。
昔、初代ラットでも同様の行動を一度だけ見たことがあります。
でもうちの例はいずれも1歳半以上の中年以降なんですよね。
やじろう、なんともないといいのだけど。

投稿: 友人Y | 2005/09/09 22:23

やじさんのご回復、おめでとうございます!
動物って言葉が喋れないから、見ているこちらも切ないんですよね・・特におねずみ達は身体が小さいから、余計辛いだろうし(>_<)
人間もこの時期体調を崩す人が多いから、きっと夏バテだったのかもしれないですね。
どうぞお大事に!

投稿: きっちゅ | 2005/09/09 13:48

やじろう君大変でしたねー
回復したようでよかったです。
きたろう君が相方の具合が悪いのがわかってるってすごいですね。
看病してたのかなあ。
えらいなあ。

投稿: 唐 辛子 | 2005/09/09 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60174/5853658

この記事へのトラックバック一覧です: やじろう危機一髪:

« 久しぶり | トップページ | おかえり »