« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

今日も元気

はるが1歳10ヶ月になったと言う事は、同腹のしぐれも1歳10ヶ月に
なったと言う事です。生殖器疾患が発覚してから投薬生活を送って
いますが、それ以外はなんだかすごく元気です(笑)

Sigure076
こまつな、おいし~(*^^*)

ペレットを食べる量が少し減りましたが、お野菜は変わらずに食べて
くれています。体重は152gをキープで増減なし。毎日床材をほりほり・
けりけりして立派な塚を作ってます。もう暑いのにねぇ(^^;)
正直に言うと、ここまで頑張ってくれているのは嬉しい誤算。病気が
発覚した当時、あとどれくらい一緒にいられるかと凹みましたから。
2歳まであと少し。のんびりまったり過ごしておくれ(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

走ると言うより・・・

珍しく電気がついているのに回し車を回し始めたはる。
どういう風の吹き回しだい?

Haru075_1
なんとなくね

走ると言うより、のんびりお散歩しているようです(笑)
今月で1歳10ヶ月になりましたが、こうして元気でいてくれるのは
非常に喜ばしい事です(^-^)
まだまだペレットも食べてくれるし、毛並みもツヤツヤですが、
さすがに最近は体重が少し落ちぎみ。はるもおやつ解禁に
なりました。
これからお野菜がおいしい季節になるからね、たくさん食べて
2歳になろうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぬいぐるみ?

ふとふじまるを見たら、まるでぬいぐるみのように可愛く
していた(*^^*)

Fujimaru021
なぁに?

桜貝のようなお耳とビーズのようなおめめ。きょとんとした
顔が非常に愛らしい。
でもちっこの上に寝るのはやめて~(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

手ごわい

我が家で一番小さくて、一番頑固で手ごわいさんじ(^^;)
未だにおやつの手渡しもままなりません○| ̄|_

Sanji028
難攻不落の可愛いヤツ

さんじの気が向けば素直に受け取ってくれるのですが、その気が
ないと、例えヒマタネだろうがカボタネだろうが眼中になし。
・・・いいの、可愛いから許す。(負け惜しみ(笑))

| | コメント (5) | トラックバック (0)

おやつ待ち・2

じっとおやつを待っているしぐれと正反対に、待ちきれなくて
右往左往するこさめ(笑)

Kosame077
まだ?ねぇ、まだ~?

はいはい、すぐあげるから(^^;)
立ち姿を上から撮ると、なんだか頭でっかちに見えるな(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

みっちみち(笑)

うちねずラットチームはヨーグルトが大好物。においをかぎつけて
大アピールを繰り広げます。
特にやじきたは2階に設置してあるコーナーステージ(小)に
2匹で乗ってアピール。狭いのに(笑)
いつもは降りてヨーグルトを舐めるのですが・・・

Yajikita041
うまうまうまうまうま

器用に2匹で乗ったままで、どっちか落ちるんじゃなかろうか
ってくらいみっちみち(笑)
ステージを大きなものに変えようかと思った事もあるんですが、
奥にある1階との出入り口にかかってしまうので、小さいまま
にしてあります。
時々ここで2匹折り重なって毛繕いしてたり、上下に分かれて
2段ベットみたいに寝ていたり。結構お気に入りのスペース
になっているようです(^-^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

おやつ待ち

こさめとしぐれは朝晩投薬の後におやつがもらえます。老ねずみ・
病ねずみは甘やかす主義な我が家。おやつもいろいろ取り揃え、
毎回違うものをあげています。(←ええ、親ばかですとも(笑))
しぐれはかなりおやつが楽しみなようで、少し飼い主がおやつの
用意に手間取っても、こうして塚から顔を出したまま待っています。

Sigure075
きょうはなに?

今日はレーズンだよん(^-^)
おやつをもらうと、はほくほくと塚の中へ戻っていくのです。
ちゃんと分かってるんだねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

あーれー(^^;)

はるは給水ボトルによじ登るのですが、失敗してぽてん☆と落ちて
しまう事も度々あります。今日もトイレ掃除の為にプラケの蓋を開けると、
はるがすたこらやってきて登り始めました。掃除を中断して写真を
撮る飼い主(笑)
もうちょっとという所で足を滑らせ、落ちるその瞬間のショットが撮れ
ました(*^^*)

Haru076
あーれー(^^;)

我ながら傑作かも( ̄ー ̄)(←自我自賛(笑))
そしてはるは、何事もなかったかのようにペレットを1つ頬袋に入れて
寝床へ帰りましたとさ。
もしかして、照れ隠し?(笑)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

油断

夏はねずみが油断する季節。いつもは巣箱やかまくらの奥深くに
鎮座まします(笑)ねずみ達も、寝姿丸見えで非常に愛らしい。
ふじまるは巣箱がないし、巣材にも興味がないらしくて、いつも
寝姿丸見えなのだが、今日は寝顔も丸見えだった(^-^)

Fujimaru020
すぴーすぴー

ちらりと見える歯がまたなんとも(*^^*)
時々口がもぐもぐしたり、手足や尻尾がぴくぴくしたり。
気がついたら結構な時間眺めてしまいました(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (1)

まんまる

丸かったり長かったり、変幻自在のハムスター(笑)
さんじは基本的に「丸」である。

Sanji027_1
むぐむぐむぐ

・・・「丸」って言うより「球」だわね(笑)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

豪快

写真だけ見ると、可愛い水のみ姿なのですが、実は「ガッガッガッ」と
豪快な音をさせて水ボトル攻撃中のこさめちゃん(^^;)

Kosame076

目がマジです(笑)
幸いにもボトルは壊さないでいてくれていますが、このスチール
部分にも歯型がついているのがちょっとコワイのよね~(^^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ダイエット事情

現在ダイエット中のやじきた。ゴハンの総量を減らし、10gほどの
減量に成功(^-^)v しかし、そこで停滞(^^;)

Yajikita040
ごはんまだかなぁ

本当はペレットのタンパク分がもう少し低いやつがあれば良い
のだが、と思案していた所に、とあるペットショップでラット専用
フードの試供品が販売されていました。試しに購入してあげて
みるとかなり食いつきが良い。(ハムスター達にも人気だった。)
そこで1袋購入する事にしました。(1.35kgもあるので、ラットで
ないと消費しきれないだろうなぁ(笑))
それがこれ。

Regalrat
OXBOW社製、REGAL RAT

粗タンパク14%と、CR-LPFよりもなお低タンパク。脂質も少し
低く、繊維が多いダイエット向き。と言うよりもラットはハムスター
より低タンパクで良いのだと聞いた事があります。
逆にハムスターはタンパクは最低16%はないと主食には向かない
と以前獣医さんから聞きました。
大きさはニッパイのプチより少し大きいくらい。ペレットの20%を
これに替えました。本当は全部これに替えてもいいかもしれない
のですが、1.35kgで1890円する高級フードでして(^^;)飼い主の
懐具合との兼ね合いもあって、一部とあいなりました(笑)
美味しいペレットらしくて、やじきた喜んでます。おまけにカロリー
セーブできるなんて幸せかも(^-^)

飼い主もやじきたに付き合って、夕食後の間食や夜食禁止で
頑張ってます(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

長い

ハムスターの基本イメージは「丸い」なのですが、ゴールデンは「長い」
というイメージも実はあります。

Sigure074
にょーん

シャッターを切るタイミングがちょっと早くて、また伸びを撮るのに
失敗しちゃったよ(^^;)
しぐれもお尻のあたりの毛が伸びてきたねぇ。冬には伸びなかった
のに。どーして今頃伸びるのかなぁ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年もかい?

去年、はるが夏だというのにロン毛もふもふになったという記事を
書きましたが、なんと今年もです(笑)

Haru075
もっさり感アップ(笑)

今年は下半身中心に伸びていて、腰からお尻にかけてが見事。
この所、暑かったり涼しかったりだから、はるもどうしていいか
分からなくなっちゃうよねぇ(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

楽しみ

おそらくふじまるは毎晩のお散歩が一番の楽しみ。
ごはんも楽しみなのでしょうが、うちねずにしては珍しく食が細い。
オスラットにしては小柄な460g、ペレットは1日3個半くらいしか
食べないのです。(他に野菜や雑穀もあげているが。)
体が軽いから行動も機敏で、推定生後9ヶ月くらいになる今も、
30分くらいは軽く走り回ります。

Fujimaru019
うふー(*^^*)

最近、ふじまるの面白いクセを見つけました。
座っている私の周りをぐるりと一周してぽんと足に乗ります。また
飛び降りてぐるっと一周して足の上に飛び乗る。これを繰り返します。
どうやら散歩に少し疲れてくるとこの行動をするようだと気がつきました。
ここまでくると、ケージに帰す時の抵抗も薄いです。

また明日、お散歩しようね(^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »